夢を買う女

身を持ち崩さない程度に夢をみる女のひとりごと

人生でのオペラデビューをイタリアでしてきた。 -Aquagranda-

せっかくなので、本場のオペラを観に行こうと、フェニーチェ劇場にいってきました。だって日本で観るよりきっと安いし。いや、オペラは人生で一度も観たことないんだけど。 www.teatrolafenice.it こっち来てから調べて初めて知ったのですが、オペラって毎日…

シェイクスピア没後400年の年に英国グローブ座のThe Merchant of Veniceをベネチアで観てきた話。

2016年10月中旬 @ベネチア、ゴルドニ劇場 たまたま友人に「ヴェニスの商人やるらしいけど行く?」と聞かれて、「行く行くー!」と二つ返事でチケットをとってもらい、急遽行ってきた舞台です。海外の劇場は初めて。そして学割で14€という日本基準だと破格の…

今年のことという名の自分用メモ

何か全く更新してない。忙しいのかと聞かれると、よくわからんのだが、とりあえず不慣れなせいでブログ書くのに時間かかりすぎて全然PCに向かう気になれず、今年もあと1ヶ月半…早すぎるな。 あ、近況はラストにあります。ラストさえ読めば今後のブログ記事の…

宝塚で世界旅行!! 2015

あけましておめでとうございます。 年内に記事をもうひとつ…と書いておきながら年が明けて何日過ぎたか。私っていつもこうなんですよね。2016年はできるだけ観劇の感想を残したいものです。 と書いておきながら新年早々に観劇記録ではない記事からスタートい…

【700字感想】パッション

気づけば年末。あれもこれもやろうと思っていたのに全然できないまま年の瀬に突入しているのは私だけでしょうか?思ったより舞台感想をまとめれていない… 鉄は熱いうちに伐て。感想は早いうちに残せ... のつもりがかなり経ってしまいましたが、大千秋楽を観て…

【700字感想】七年ぶりの恋人

「700字だから書けるだろう」と思った一か月前の自分に「お前,それ甘いよ」と言ってやりたいです.だって一か月もたってますから.その間に4作も観てるのに一向にアップできない私.700字を考えるのが思ったより難しかったんです.いや,頑張って更新した…

【700字感想】花組 新源氏物語/Melodia

というわけで、早速頑張ろうとしました。予定からは遅刻ですがとりあえずできた! 明日海様率いる花組公演です。大劇場は千秋楽を迎えましたが、東京はさらにパワーアップするのかと思うと見たくて仕方ないですが、諦めて大劇場の感想を。何度か観たのですべ…

【700字感想】 とやらをはじめてみようかと思う

今度は1ヶ月ぶりですね。劇場には行ってるんですけどねぇ。せっかくブログ作ったのに、自分用の記録になるものさえもない。せめてどんな演目を見たか簡単に見直せる程度には記録に残した方がいいよな。ということで、タイトルのまんまです。こんなのをはじ…

麗しの君を追いかけて ―初遠征があった1日を振り返る―

またもやお久しぶりです。前回の記事を見てみれば、月一では更新したいなんてことを書いているのにもう3か月以上経っているという事実。しかも「遠征はしませんが」とか書いていたのにこんなタイトルで記事を書くという。フランス革命のひとりごとの続きも書…

フェルゼンとマリーアントワネットとフランス革命と“1789”

月イチでは更新したいと思っていたのに、もう前回の更新から二カ月も経ってしまいました。宝塚月組公演の1789も東京で公演が始まってます。関西に住んでいるため東京まで遠征はしませんが(金銭的に無理なので)、宝塚大劇場での公演中は役替わりを数パターン…

フェルゼンとマリーアントワネットとフランス革命と宝塚

前回の記事で3月の観劇記録を書くと書いておきながら、どうしても1789が始まるまでに自分用にまとめてしまいたくて、全然違うことを書いております。次こそは観劇記録を…! 宝塚は自他ともに認めるほどフランス革命を題材とした作品が多い劇団です。確かに多…

彼氏にしたくなるイケメンに出会う春

ご無沙汰しております、かんなです。 気づけば3月も終わってしまいました。もっと更新するはずだったのに…今更Banditoの感想なんてアップしても今更過ぎてどうしようかと思っております。前回書いたので何らかの形で少しでも書こうと思いますが。でもとりあ…

バウホール体験記

いきなり更新に期間があいてしまいました。かんなです。かなり遅くなりましたが、月組Bandito千秋楽と星輝さんご卒業おめでとうございました。この千秋楽に合わせるかのように東京旅行に行っておりました。ただの観光のためまったく舞台は見ておりませんが。…

ごあいさつ

はじめまして。かんなと申します。 「関西に住んでいるのだから、一度見てみよう」と思って見た宝塚にはまり、気づけば公演予定をチェックするように。周りにヅカファンはまったくいないため、それほどディープなファンになるでもなく、自力で細々とチケットを…