夢を買う女

身を持ち崩さない程度に夢をみる女のひとりごと

宝塚で世界旅行!! 2015

 

あけましておめでとうございます。

年内に記事をもうひとつ…と書いておきながら年が明けて何日過ぎたか。私っていつもこうなんですよね。2016年はできるだけ観劇の感想を残したいものです。

と書いておきながら新年早々に観劇記録ではない記事からスタートいたします(笑)

 

 

年末年始に2015年の観劇スケジュールを自分用にまとめていた時、ふと気付いたんです。「宝塚観てたら、海外のいろんな国見てるのと少し近いのではないか…!?」と。1年間で結構いろんな国見ている気がしたんです。

 

…ということで、気になってまとめてみました。

ちなみに、2015年公演のバックナンバーはこちら。

 

kageki.hankyu.co.jp

 

というわけで

2015年お芝居(ミュージカル)で舞台となった国一覧!

まずは大劇場公演!

 

f:id:mm118:20160105020452j:plain

 

色分けは適当にしたので見にくいかもしれないです。

9公演で6カ国、そのうち1カ国2公演は日本ですね。そして前半のフランス率の高さ…!

時代が違ったので観劇の時はあまり思わなかったですが、日本も割合としては高かったんだなぁと思いました。

 

そしてこれを世界地図で旅行したかのようにすると、こうなりました。*1

 

f:id:mm118:20160112012902j:plain

 

見事に、前半は欧州あたりで白地図の左側、後半はアジアやアメリカで白地図の右側を飛んでいた感じなんですね。地図だけ見ると世界を横断したかのようです。

日本→アメリカ→日本の移動が、なかなかに飛び回っている感じですね(笑)大劇場を全通すれば、ヅカファンは去年一年でもこんなに飛び回っていたらしいです。(舞台を観ている間だけですが)

 

じゃあその他の劇場(別箱)は?といえば、こうなりました。*2*3

 

f:id:mm118:20160105020458j:plain

 

大劇場公演とは違い、アメリカが舞台の作品が多いですね!しかもキャッチミーとスターダムとA-ENは現代のお話なので時代設定被りまくってたんですね。

大劇場公演では多かったフランスが舞台の作品は1作(それもベルばらのみ)だけで、イギリスの作品もけっこう多めですね。和物も割合として多いです。

 

舞台となった国を色で塗ると、こうなりました。斜線は大劇場のみで舞台となった国、塗りつぶしは別箱で舞台となった国です。(色塗りが雑すぎて申し訳ないです。アラスカとか端折ってしまった…)

 

f:id:mm118:20160112021240j:plain

 

分かってはいましたが、やっぱりアジアは少ないですね。和物もいいけれど、中国が舞台の作品とかもそろそろしてほしいかも。

 

 

「宝塚を観ていたら、海外のいろんな国を見ている」と勝手に思っていましたが、実際に調べてみると、決まった国を周遊している状態だったんだなと思います。そりゃヨーロッパが一番絵になるのは分かっていますし、欧米作品メインになるのが嫌というわけでは全くないのですが、たまにはいつも舞台にならない国を舞台にした作品も見てみたいです。そういう意味では舞音は新しかったなぁ。

 

 

最後に、今発表されている時点での2016年の大劇場公演で舞台となる国はこちらです。

 

f:id:mm118:20160112023810p:plain

 

…今年は3カ国周遊を2回して、日本にやたら帰国する年になりそうですね。今後の演目発表に期待…!

 

 

 

*1:カリスタ島が架空なため、とりあえずコルシカ島にしております。

*2:ショーのみの作品やコンサートは除く

*3:大海賊、メランコリック・ジゴロともに私が未見で、公式にも舞台となる国が書かれていなかったため、あいまいな表記と空白になってます。